FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
携帯SEO対策ランキング 携帯SEO対策ランキング|相互リンク集

ご訪問者 visitor


超おすすめサイト様


お勧めサイト様

中枢刺激ランキング













アクセスランキング


リンク集


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
言わずと知れた、観光地京都。
kyoto.jpg

近年日本国内のみならず、世界からも大人気の観光地である。

そんな京都には、世界中から一般ピーポーだけでなくセレブも多く訪れているという。

世界一セクシーな女優、ジェシカ・アルバや、
ジェシカアルバ

そしてあのスティーブ・ジョブズも京都を愛していた。
スティーブ

そして、2014年にはなんと京都が観光地ランク世界1位に輝いた。
ランク


「そうだ、京都へ行こう♪ 」 と、京都へぶらりと旅行。

そんな女性も多いだろう。

そんな時に、知っていると便利なのが、舐め犬「淳之介」だ。
wanko.png

ご存知の通り、淳之介は舐め犬、女性のクンニ奴隷である。

「今度京都へ旅行に行くからその時にクンニしてほしい。」実はそんな女性も多いのである。

もちろん普通に、夜宿泊先のホテルや旅館に呼び出して使う(舐めさせる)のは定番である。

しかし淳之介の使い方は、決してそれだけではない。

例えば、お互いの都合さえ合えば、
昼夜を問わず京都観光ガイド・荷物持ちとしても使える便利な舐め犬なのである。

旅先であちこち観光するうちに、買い物袋やお土産ものなどの荷物が増えて困るのはよくあること。

そんな時でも淳之介にお供させていれば、ほぼ手ぶらで移動でき、
さらにガイドブックの地図とにらめっこすることなく、行きたい所へスムーズに向かうことが出来るのだ。

また、一緒にいるだけでナンパも防ぐことが出来るので、ちょっとしたボディガードとしても機能するのだ。


さらに、便利なもう一つのポイントは、「舐め犬の部屋」をホテル代わりに使えるということだ。

実は「舐め犬の部屋」は、風情のある観光地エリアに位置するため、京都観光にうってつけの宿泊先なのだ。

京都の観光地エリアの旅館やホテルは、シーズン中は満室でなかなか予約が取れないことが多いが、
「舐め犬の部屋」なら、すいすい予約が取れるというわけだ。

しかも、そうすればホテルや旅館の宿泊費が浮くので、
往復の交通費とお小遣いだけで、とてもお得な京都旅行が可能になるのだ。

一泊ならまだしも、数日間滞在するとなると、これはかなりお得である。

ただし、「舐め犬の部屋」はそれほど広くないので、宿泊可能人数は女性1~2名である。

ちなみに、ベッドはフランスベッド製でセミダブルのロングサイズである。Wi-Fiやドライヤーも完備している。


そんな、超便利な「舐め犬の部屋」に一泊二日で、先日東京から京都旅行に来られたのがダイワギャルさま20歳だ。
daiwa2.jpg

当初は2泊3日の予定だったが、双方の都合で急きょ直前に1泊2日に変更になった。

事前に、京都で行きたいところや見たいものなどを淳之介に伝えておき、
それをもとに淳之介は観光プランを立てておいた。

当日は天候にも恵まれ、2日間ともダイワギャル様のリクエスト通りのプランをこなすことが出来、充実した旅行となった。
daiwa1.jpg

kinkaku小

ただ、最も重要なポイントで予定外の事態が発生したことを除いては・・・。

なんと初日に、ダイワギャルさまにアレが来てしまったのである。

オーマイガットトゥギャザーである。

そもそも、本来の目的は京都観光ではなく「舐めさせること」である。

それが出来ないショックは大きく、結局諦めきれないダイワギャル様は、初日の夜、
「タンポンしてたら舐めれる??」と、お風呂に入った後タンポンを入れて、淳之介に舐めさせたのだった。

淳之介は淳之介で、タンポンの入ったオマ○コに妙に興奮してペロペロといつものようにたっぷりとクンニして、
ギャル様に満足してもらえたのだった。

ちなみに2日目の夕方には、ダイワギャル様に顔を踏まれながらオナニーし始めた淳之介を見て興奮したダイワギャル様は、淳之介のおチンポの先に唾を垂らしたり舌を這わせて、最後は「イクところが見たい」と、目の前で発射させたのだった。



ゴールデンウイークの予定がまだという貴女は、この機会に京都を訪れてみてはいかがだろうか。

「舐め犬の部屋」は、今ならまだ予約可能のようだ。
good.png


web拍手 by FC2

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。